副作用

プラセンタの副作用に関して

プラセンタの商品には、サプリメントやドリンク、注射や点滴といったものが売られています。
プラセンタの医学的使用は今に始まったことではなく、4世紀にまでさかのぼり、ギリシャや中国で重宝されたようです。
日本で注目を浴び始めたのはおよそ50年前ほどで、皮下に直接胎盤を埋め込み、1ヶ月ほどで体内に吸収させるという埋没療法でした。

この療法は高額であったため、今日の注射や点滴療法に発展したわけですが歴史的にみても、副作用があったという事例は全体の20%ほどのようです。
その中でもサプリメントによる副作用はほとんど報告されていないようです。
私たちは普段の生活の中でも、豚肉や牛肉、さらに馬刺などを口にすることがありますので、血液やホルモンの心配をする必要はあまりないと思われます。

日本ではBSE牛の使用は禁止されていますし、血液や菌など完全に取り除かれ安全に製品化されていますので、ホルモンや血液による感染症などの報告は現在のところないようです。
プラセンタはもともと代謝を活発にする補助的な役割http://www.terratherm.info/Rejuvenation.htmlをしますので、多汗症の方そして、突然の発疹予防にもアレルギーをお持ちの方も同様に気をつけられた方が良いかもしれません。
人々によって体質も様々ですからご使用の前は医師のアドバイスを受けることをお勧めします。


このページの先頭へ