副作用

プラセンタ注射の危険性に関して

プラセンタの注射は、サプリメントやドリンクタイプよりも即効性があることで評判です。
注射なら数回の摂取で効果を実感できるため、実際の医療現場でも更年期障害による症状を和らげたり、肝障害の方の治療にはこの方法を勧めることのほうが多いようです。
プラセンタを注射したために起こる副作用よりも、注射による感染症には十分注意を払うべきでしょう。

症状の中には、注射した部位が赤く腫れたり、発熱や、発疹などをおこすなどのアレルギー反応もみられます。
注射をすれば箇所にかゆみがでたり、堅くなるなることもありますので、注射でなく、サプリメントhttp://transgender.jp/sapurimennto.htmlやドリンクタイプhttp://www.sportsradio1420.com/easy.htmlの方が断然安全だと思われます。
これは点滴タイプでも同じことが言えるでしょう。

また、現在日本ではプラセンタを注射した方からの献血は禁止されています。
これは輸血による感染症などの危険を未然に防ぐためです。
現段階で報告されている事例の中に、クロイツフェルト・ヤコブ病という中枢神経疾患を引き起こす病気がイギリスで疑われています。
この完成経路を明確にする検査方法がないために、輸血による感染が起きないと完全に否定することができません。
現在国が献血を禁止しているのも、プラセンタ注射による輸血が原因で感染症を引き起こしてしまった場合、責任が取れないためなのでしょう。


このページの先頭へ