副作用

プラセンタの効能に関して

ご存知のように、胎盤はお腹の赤ちゃんの成長に欠かせない役割をしています。
10ヶ月もの間、胎盤を通して栄養が運ばれ体が急速に形成される訳ですから、身体に必要不可欠な物質がほぼ全て含まれているといっても過言ではありません。
中でも新しい細胞を生成する力は20代から徐々に衰え始めます。

ですが成長因子は食べることで摂取できないのでプラセンタを摂ることにより、新陳代謝を上げる効果が高まると多いに期待されています。
このため、血液の循環がよくなり、
疲労回復http://www.hottokenai.jp/tukaremotoru.html
冷え性解消http://www.emilrulz.com/taisya_up.html
ダイエット、バストアップなどに効果があるとの声が多々よせられています。
疲れがたまらなければ免疫力も維持することが出来ますし、ビタミンやミネラルの摂取によって効果をさらに高め、強化することもできます。

また、プラセンタ摂取による新しい細胞の活性化により皮膚が新しくなることで美白やニキビ跡など、様々な症状改善がみられています。
さらにコラーゲンの生成により、肌の保湿や関節痛を和らげるといった効果もあります。
しかし、過剰摂取をしてしまうと逆効果になる可能性があります。
プラセンタの過剰摂取で現れる症状の一つににきびが増えるという症状があります。
ニキビの予防や対策にと思って摂取したのに、以前より増えてしまったら意味がありませんね。
なので、一日の適量はしっかり守りましょう。

最近ではプラセンタは体質の改善だけでなく、うつ病や不眠等、更年期障害などの精神不安状態を軽くし、自律神経を調整やホルモンバランスの改善に期待が持てるということで医療機関でも処方されるhttp://dokuritsutou.main.jp/iryoubunnya.htmlなど注目を浴びています。
医療現場で使用されているものは症状によっては保険適応になりますが、http://www.i-sakura.jp/tyuusya.htmlにもかいてあるように美容効果を得たいという理由では保険は利きません。
最初は週に1回や月に2~3回というペースで行く必要があるため、治療費は結構かかりますが効果を実感しやすいため人気があるようです。

このページの先頭へ