副作用

プラセンタの成分に関して

主に市場に出ているサプリメントやドリンクのプラセンタには、豚や羊、馬の胎盤から抽出された物が多いようです。
動物の育てられた環境や品質の良さ、抽出方法によって純度が異なります。
一番良いとされているのはサラブレット馬から抽出されたエキスhttp://www.loudounfarmmuseum.org/horse_placenta.htmlのようです。
動物性の他にもhttp://www.lareine.jp/doubutusei.htmlで紹介されている植物性と海洋性もあるそうです。
植物性や海洋性には胎盤がありませんが、それに近いものがあるのでそれを抽出したエキスのようです。

現在確認されているプラセンタの成分には、細胞分裂を活発にする「成長因子」、 タンパク質を構成する20種類の「アミノ酸」、アミノ酸同士の結合体で、 栄養素をより効率よく吸収させる働きをする「生理活性ペプチド」、筋肉や内蔵を構成する「タンパク質」、 脂溶性ビタミンの吸収を助け、細胞膜や神経組織、核酸を構成する「脂質または脂肪酸」、 体を健全な状態に保つためになくてはならない「ビタミン」、体を構成する元素であり、 骨や歯の形成を助け、体内イオンの調節に関わっている「ミネラル(無機質)」、 遺伝子を作る材料になる「核酸(DNAとRNA)」、栄養をエネルギーに変え、 ホルモンの生成を助ける「酵素」、 ヒアルロン酸やコンドロイチンでポピュラーになった、細胞の保湿に優れた「ムコ多糖体」、 脳や神経の唯一のエネルギー源であり、体温を温存する「糖質」など、 ありとあらゆる成分が含まれています。
これらのプラセンタの成分には体内で生成されるものと、食品など体外から摂取しなければならないものの二種類が混合しており、一石二鳥と呼ばれるにふさわしい商品です。


このページの先頭へ